ホーム > 陽ので日記 > 2017年10月

2017年10月

野球肘 原因は投球フォーム??

 

こんにちは塩野ですsun

 

最近陽のでに来院される患者さんで

野球をやっていて、

肘を痛めて来る患者さんが凄く多いです。

 

確かに時期的にも寒くなり

怪我はどうしても起こしやすくなってしまいます

しかし、なぜこんなにも多いのですかね~(๑•ૅㅁ•๑)

 

昨日僕が診た小学5年生の男は

今年軟式から硬式に変えたばかりだと言っていました

硬式に変えてから肘の痛みが出始めて

今でも肘の痛みで完全に曲げれない状態でした。

 

硬式に変えてから痛みが著明になっているので

投球フォームに原因があると思い

フォームをチェックしたところ、

案の定テイクバックの位置から肘の位置が低く

投球動作も肘が低いまま、手投げの状態でした( ゚Д゚)

 

これではただでさえ子供で身体が出来てないのに

この投球フォームを続ければ痛めて当然ですよね!

 

その子に聞いたところ、最近は

投球動作を教わる事があまりないみたいです。

 

siono blog.JPG

 

なので、投球動作が気になる。

最近肘・肩に違和感があるなど

もし悩みがあれば、是非陽ので接骨院に

一度ご連絡下さい!!!

ストレス注意報!!!!

こんにちは、岡野です。

 

台風も過ぎ去りやっと晴れましたね。自転車通勤者としては、とても助かります。

 

 

さてさて、今日は『ストレス』についてお話いたします。

 

 

ストレスって実は種類があることを知っていましたか???

 

 

ca8045ab3ddbc01580e73fc807967608.jpg

 

 

心理的ストレス

身体的ストレス

 

物理的ストレス

科学的ストレス

 

以上4つに分けることができます。

 

 

中でも注目して頂きたいのは、物理的ストレスにある気温や湿度、すなわち気候です。

 

気候の変化も体にとってはストレスなのです。

 

気温差や気圧差などが日により差が大きいと体へのストレスも大きくなります。

 

 

 

 

 

まさしくここ数週の気候ですよね....

 

いま、体はストレスを感じています。

 

そしてどうなるか???

 

 

ストレスを感じる

 ↓

交感神経が働く

 ↓

筋肉が硬くなる

 ↓

血流が悪くなる

 ↓

栄養・酸素が届かなくなり

老廃物が排出されない

 ↓

体を回復させる代謝が進まない

 ↓

疲れが取れない、不調を感じる

 

 

といったように悪循環になります。

 

 

そして硬くなった体を無理に使うと、

 

ギックリ腰や寝違いなどの痛みに繋がります。

 

 

 

痛みやツラさ、体に不調を感じるようであれば一度ご相談下さい。

 

硬くなった体を緩め 整えることは、当院の猫背矯正がおすすめです。

 

もちろん来院して頂いた際は、体の動きや硬さなど全身を検査し最善の施術を提案いたします。

 

まずは気軽にご相談下さい。

 

DSC_0418.JPG

KYTセミナーに参加してきました!!!

こんにちは、塩野ですbaseball

 

先週の日曜日はKYTセミナーに参加して来ましたsign01sign01sign01

 

解剖学、運動学に基づき

力学を使っているので誰がやっても成果が出るという本当にすごいセミナーでした。

 

KYTセミナーの講師KEN YAMAMOTO先生

世界を股にかける治療家で、治療の技術だけでなく

自分で解剖までしてしまう程の身体の知識力

そして人間力と全てを兼ね備えていて、本当にすごい治療家です。

 

image1.JPG

 

身体に触らずに痛みを取ったり

この動作での痛みはここの筋肉が硬くなっているなど

初参加の僕は驚く事がたくさんで本当に衝撃的でした(; ・`д・´)

 

今回のセミナーで技術だけでなく

その技術をものにする為に、自分自身もっともっと勉強し

ステップアップをしなくてはいけないなと思いました!

 

少しでも早く患者様にこの治療を還元出来るように

頑張って行きます(`・ω・´)

 

siono blog.JPG

1
PAGE TOP