ホーム > 陽ので日記 > 子供の症状 > 子供のケガ甘くみたらいかんぜお!!
陽ので日記

子供のケガ甘くみたらいかんぜお!!

今回ブログを書かせて頂く

三度の飯より飯が好き

結局ごはん大好き樋山ですriceball

 

スポーツをしている子供の痛み・ケガに関して

大きく分けて二つあることを知っていましたか?

 

・スポーツ外傷

・スポーツ障害

 

この二つは似ているようで大きく違います

 

スポーツ外傷とは

例で挙げると

・スポーツ中に蹴られてしまう

・走っていて足を捻ってしまう

・骨を折ってしまう

などのケガの事をいいます

 

それに対してスポーツ障害とは

体の使い方の悪さによって、身体に負担がかかってしまい

痛みが出てしまう症状をいいます。

例をあげると

オスグット

シンスプリント

疲労骨折

野球肩、肘

などです

 

スポーツ外傷もスポーツ障害も治療をしていくと良くなっていきます。

ただ厄介なのは

スポーツ障害は痛みを取るだけでは反復して痛みが出てしまいます。

なぜならスポーツ障害はなってしまう原因があるからです。

 

原因の多くは身体の使い方の悪さ、間違いにあります

 

なのでその痛みを筋肉痛と間違えてそのままにしておくと・・・

 

大きなケガや、治りにくい痛みになってしまうかもしれません!!

 

子供の痛みは甘く見たらいかんぜお ってことですね!!

 

当院では身体の使い方や、痛みの原因をしっかり検査させて頂いて施術をしていきますので

安心して任せてください。

 

以上樋山がお伝え致しました

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hinode-sekkotsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/582

PAGE TOP