ホーム > 陽ので日記 > 2018年5月

2018年5月

筋の硬さそのままにしとくと・・・とんでもないことに・・・

こんにちは!sign01

 

今回ブログを書かせていだきます

 

長野生まれ長野育ち身長が長くなった佐々木 です!

 

5月も終わり、あっという間に6月を迎えようとしています。

季節の変わり目で朝昼晩の気温差もあり、体調を崩しやすい季節ですね。

くれぐれも、お身体には気をつけて生活してください!!

 

 

最近、治療をしていて特に感じることがあります。

 

それは、年齢に関わらず筋肉が硬い人が多いという事です!!

 

筋肉は使わないと硬くなってしまいます!

長時間のデスクワーク、運動不足とさまざまな原因が考えられます。

 

そんな中、自分でストレッチをしても続かなかったり

しっかりできてるのか不安になる場合があるでしょう。

 

そこで!

 

当院の国家資格を持つ治療のプロが、筋肉をしっかりと伸ばし硬い筋肉をゆるめ

自分では出来ないところまでしっかりストレッチ、治療をやっていきます!

 

IMG_3503.JPG

 

筋肉を硬いまま放置しておくと、大きな怪我に繋がったりギックリ腰の原因になりかねません!

 

そうなる前に事前にできる事は沢山あります!

実際に、膝の痛みや腰の痛みで来院された患者様も筋肉の硬さをとるだけでだいぶ楽になりました。

 

もし

お身体の調子が悪いところ

気になる事

何でもいいので、なにかありましたら

一度、陽ので接骨院にご相談下さい!

 

腰痛攻略!腰痛に負けるな!

こんにちは!

お久しぶりです!

 

陽ので接骨院白井伸弥です!

 

今回は最近増えてきた腰痛【ギックリ腰】についてお伝えしたいと思います!

 

腰痛じゃなくてもそうですが、治療は一番大切なことは痛みがでたらすぐに治療する事です!

痛みがでた初日に何をするのかが大切なんです!

腰痛特に急性のものは炎症を起こしてることが多いので最初の2、3日が特に痛みが強く治療しても、寝てる間に筋肉が硬くなってしまい朝に痛みが戻ることが多いんです!

 

とくに季節の変わり目、四月から環境が変わったり、新社会人にとっては2ヶ月が経ってるので疲れが溜まってギックリ腰にかなりやすいのです!

 

では腰痛にならないためには!

 

重いものを持ち上げるなど、腰に負担がかかる動作をする際は十分に注意する。

 

長時間の立ち仕事、座り仕事の場合は、時々休憩をとり、体を動かす。

 

前屈みや中腰の姿勢は腰にいちばん負担をかけるため、職業上やむを得ない場合などは、生活にストレッチをとり入れる。

         

身体を支える周辺組織の機能を高めるよう、腰痛体操やウォーキングなどの適度な運動をとり入れる。

 

食事や運動による肥満の予防・解消を心がける。

 

当院には温フットでインナーマッスルを鍛えて腰痛を防ぐ方法もあります。

 

 

 

痛みが出たり、変化があるありましたら是非当院にお越しください!

腰痛治療に強いスタッフが揃ってます!!!

IMG_3581.JPG

 

 

1
PAGE TOP