ホーム > 陽ので日記 > 2018年7月

2018年7月

温フィットで元気な体へ

こんにちは!!!

 

HEY!!!

 

元気 MAX 近藤です!!

 

 

 

 

 

気温35度かぁ、あちぃ、夏だぁ

 

そんな皆様お疲れサマー  なんちって

 

ちょっこし寒くしたところで、、、

 

 

 

 

 

最近よく患者様から

 

体調が良くないと聞く事が多いです。

 

そう、それは、、、

 

 

 

ズバリ、夏バテでしょう

 

 

 

夏バテにはいろいろなパターンがあります

 

暑さでバテている人

 

クーラー、アイスなどで

体が冷えてしまってる人

 

ついついビールを飲みすぎちゃう人

 

 

 

などなど

 

 

 

 

 

そんな免疫力が下がっている患者様には

 

 

 

 

 

陽ので接骨院にある温フィットを紹介していきたいです!!

 

 

温フィットとは

 

身体の芯から温める、

 

岩盤浴と同じ効果のあるマットと

 

インナーマッスルという身体を支える

 

深い深い深い筋肉に電気刺激を与え

 

筋肉トレーニングをするものです!!

 

 

 

 

 

岩盤浴の効果で体温を上げ

 

代謝を良くして、

 

免疫力アップ、風邪知らずに!!

 

 

 

 

 

インナーマッスルは

 

腰痛の人に使えていない事が多く

 

その分腰や臀部で支えるため硬くなり

 

腰痛に、、、

 

 

 

 

温フィットで腰痛を治し、

 

疲れにくい身体へ!!!

 

 

 

 

 

 

ぜひ陽ので接骨院で温フィット体験してみてください!!

 

 

 

「つる」は筋肉からの警告サイン⚠

こんにちは!

山形の弾丸ガールこと秋葉です!cherry

 

最近は蒸し暑い日が続いてますねsun

熱中症対策をしっかりやっていきましょう!

 

 

患者様からよく足がつるという相談を受けることがあります。

そこで今日はdanger「つる」ことについて書きたいと思います!

 

 

まず「つる」というのは

筋肉が急に異常に収縮したり、痙攣したりすることです。

 

「つる」の要因として挙げられるのは

①骨盤の歪み

②身体の冷え

③筋肉の疲労や衰え

電解質バランスの乱れ

水分ミネラルの不足

 

 

当てはまる方は多いのではないでしょうか?

 

どうしたら予防できるの?

それをこれから書いていきますdog

 

 

まず1つ目

こまめに水分補給をするです

電解質を含んだスポーツドリンクなどで補給すると良いです。

 

 

2つ目

ビタミンミネラルをとるです

カルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウムを含むものとしては豆乳がお勧めです。

しかし、一つの食品に偏らず野菜、豆類、海藻を毎回の食事で摂れるようにしましょう!bud

 

 

3つ目

運動前後のストレッチをするです

運動前にストレッチを行うことで血流が良くなり、筋痙攣が起こるのを防ぎます。

睡眠中に筋痙攣を起こすという人は、就寝前にストレッチを行いましょう!

 

 

4つ目

ゆっくり風呂に浸かるです

この時期はシャワーだけで済ませる方が多いですよね。

そんな時期でもゆっくり湯船に浸かって体を温めるようにしましょう。一緒にマッサージなどを行うのも効果的です

 

 

このように予防策は簡単で誰でもやれば出来ます!

 

最近よくつっちゃうんだよね!という方は是非予防からしてみてください!scissors

 

 

また「つる」の原因となる「骨盤の歪み」

陽ので接骨院でも治せますのでご相談ください!

 

 

 

以上、秋葉でした!

 

 

あなたの身体の不調水不足が原因かも、、、

こんにちは!

 

今回ブログを書かせていだきます

信州の暴れ馬こと佐々木 です!

 

梅雨も終わり、ついに夏到来ですね。

 

今年も暑い夏になりそうです。

くれぐれも熱中症には十分に注意して、水分補給をこまめにしてしっかり予防しましょう!

 

と言うことで!

今回は水分補給の大切さを書かせていただきます!

 

なんだ、水分補給の大切さなんか知ってるよ、、と思われたそこの皆さん!!

是非一度最後まで目を通して下さい!

そしてより意識して目的を持って水分補給をしていただきたいと思います!

 

ここで、いきなりですが問題です!

人の体で水の占める割合は約何%でしょう!

 

 

 

 

 

 

正解 は60%です!

 

人の体の約半分以上が水なんです!

これだけでも水の大切さがわかると思います。

 

水分量の目安としては、

体重15キロに対して500mlが必要水分の目安になります。

体重が60キロなら約2リットル最低でも必要になるんです!

2リットルと言うとそんなに飲めないな〜と感じた方も多いと思います

安心して下さい。食事で500ml取れますよ。

実は1日の食事の中で大体500ml程の水分を取っているんです!

なのでその分引いた量の水を意識的に飲んでみて下さい!

 

最後になりますが、症状が強い患者さん、症状が治りにくい患者さん特徴として

水分補給量が圧倒的に少ないという原因が考えられます!

痛みが強い、引きにくい患者さんはこの機会に

一度自分の生活を見直してみて下さい!

一つ一つ痛みの原因は、本当に些細なことの積み重ねです。

痛みのない生活、痛みが出たとしても治りやすい体にする為にも水分補給から始めてみて下さい!

 

 

今回は以上になります。

お身体の事でお困りの際は是非一度

陽ので接骨院にお越しください!

 

1
PAGE TOP