ホーム > 陽ので日記 > 子供の症状

子供の症状

スポーツでの膝の痛みはもしかして、、、

 

こんにちは!!

食欲大生の秋葉です!riceballshine

 

 

最近、スポーツをしている学生で膝が痛いという子が多いです

その中でも特に膝を曲げる時に痛いという子が多いんです!

 

 

みなさんの周りに似たような症状の子はいませんか?

 

 

それはdangerオスグッドかもしれません!

今回はオスグッドについて書いていきます!

 

 

まず、オスグッドとは正式名称で

オスグッド・シュラッター病といいます。

 

 

スポーツをやっている子どもがなりやすく

症状としては

膝のお皿の下にある脛骨粗面という所に限局した痛みが主な症状です。

特にジャンプ動作での膝屈伸時

ダッシュやキック動作で起こりやすく

脛骨(すねの骨)が

前側にボコッと隆起する特徴もよく見られます。

 

 

オスグッドは骨の成長と筋、腱の伸長が追いつかないことから起きます。

 

 

思春期のこの時期、脛骨はまだ骨でなく柔らかい軟骨で、

膝を伸ばす力の繰り返しにより、

太ももの前の筋肉と靭帯が、脛骨粗面を引っ張り続けることで

骨が剥がれてしまいます!

 

その剥がれてしまったところが脛骨粗面の隆起となってしまいます。

 

 

 

陽ので接骨院はオスグッドの治療が得意です!!punch

 

自分の身の回りで

膝が痛くてスポーツを思いっきり出来なくて困っている子がいたら

是非一度陽ので接骨院にお越しください!happy01good

 

 

スポーツを頑張る学生も全力でサポートします!soccertennis

 

 

 

以上秋葉でした!

 

子供のケガ甘くみたらいかんぜお!!

今回ブログを書かせて頂く

三度の飯より飯が好き

結局ごはん大好き樋山ですriceball

 

スポーツをしている子供の痛み・ケガに関して

大きく分けて二つあることを知っていましたか?

 

・スポーツ外傷

・スポーツ障害

 

この二つは似ているようで大きく違います

 

スポーツ外傷とは

例で挙げると

・スポーツ中に蹴られてしまう

・走っていて足を捻ってしまう

・骨を折ってしまう

などのケガの事をいいます

 

それに対してスポーツ障害とは

体の使い方の悪さによって、身体に負担がかかってしまい

痛みが出てしまう症状をいいます。

例をあげると

オスグット

シンスプリント

疲労骨折

野球肩、肘

などです

 

スポーツ外傷もスポーツ障害も治療をしていくと良くなっていきます。

ただ厄介なのは

スポーツ障害は痛みを取るだけでは反復して痛みが出てしまいます。

なぜならスポーツ障害はなってしまう原因があるからです。

 

原因の多くは身体の使い方の悪さ、間違いにあります

 

なのでその痛みを筋肉痛と間違えてそのままにしておくと・・・

 

大きなケガや、治りにくい痛みになってしまうかもしれません!!

 

子供の痛みは甘く見たらいかんぜお ってことですね!!

 

当院では身体の使い方や、痛みの原因をしっかり検査させて頂いて施術をしていきますので

安心して任せてください。

 

以上樋山がお伝え致しました

 

静的ストレッチ・動的ストレッチ間違って使っていませんか?

こんにちは、塩野ですbaseball

寒さが増して運動中の怪我が

増えて来ていますねcoldsweats01

 

皆さんは、運動前、運動後に

しっかりストレッチをしていますか?

 

当院に来院されている患者さんの中にも

動的ストレッチと、静的ストレッチの使い分けが分からない

って方がすごく多いです!!

 

なので、今回はストレッチについて書かせて頂きます!

 

まずは動的ストレッチと静的ストレッチの違いですが、

動的ストレッチは筋肉をほぐし、可動域を広げるものです!

 

静的ストレッチは筋肉に蓄積した老廃物を排出することです!

 

運動前には動的ストレッチで

1,ウォーキングやジョギングなどで心拍数を上げる

2,筋肉の温度と柔軟性を上げる

3,筋肉に刺激を与える

をする事で柔軟性、筋肉の反応速度がアップする事でパフォーマンスアップの効果があります!

 

運動後には静的ストレッチで

可動域ギリギリのところまで伸ばした姿勢を維持する事で、

柔軟性の維持にも効果があります。

 

動的・静的ストレッチのポイントとしては

1,準備運動、ウォーミングアップが「動的ストレッチ」

2,3つの順序がある動的ストレッチ

3,ケガ防止やパフォーマンスの向上

4,静的ストレッチは可動域の限界まで数十秒間伸ばすこと

5,疲労物質を排出、心身リラックス効果

6,静的ストレッチはケガ防止にあまり効果がない

7,運動前は動的ストレッチ、運動後は静的ストレッチ

 

以上のポイントをしっかり把握し、

効率の良いストレッチをしていきましょう!!

IMG_7397.JPG

野球肘 原因は投球フォーム??

 

こんにちは塩野ですsun

 

最近陽のでに来院される患者さんで

野球をやっていて、

肘を痛めて来る患者さんが凄く多いです。

 

確かに時期的にも寒くなり

怪我はどうしても起こしやすくなってしまいます

しかし、なぜこんなにも多いのですかね~(๑•ૅㅁ•๑)

 

昨日僕が診た小学5年生の男は

今年軟式から硬式に変えたばかりだと言っていました

硬式に変えてから肘の痛みが出始めて

今でも肘の痛みで完全に曲げれない状態でした。

 

硬式に変えてから痛みが著明になっているので

投球フォームに原因があると思い

フォームをチェックしたところ、

案の定テイクバックの位置から肘の位置が低く

投球動作も肘が低いまま、手投げの状態でした( ゚Д゚)

 

これではただでさえ子供で身体が出来てないのに

この投球フォームを続ければ痛めて当然ですよね!

 

その子に聞いたところ、最近は

投球動作を教わる事があまりないみたいです。

 

siono blog.JPG

 

なので、投球動作が気になる。

最近肘・肩に違和感があるなど

もし悩みがあれば、是非陽ので接骨院に

一度ご連絡下さい!!!

肩や肘の痛みにはこれっ!!

 こんにちはsun

陽ので接骨院島袋ですbaseball

 

今日は久しぶりに東京ドームで、巨人vs広島

大迫力ある応援から熱いプレー

心から感動し写真を撮り忘れ、、、笑

 

 

IMG_8440.JPG

ドームの外に出て慌てて気づき外からドームをパシャcamerashine

 

IMG_8431.JPG

選手の出待ちにも賛同し充実のお休みでしたgood

 

 

当院にも高校野球で活躍している生徒が来ていて

肩の痛みや肘の痛みに悩んでいます。

最近プロ野球選手たちにも使用されているファンクショナルカッピング

可動域改善から痛み制限、筋膜リリースなど幅広く使われています

FullSizeRender.jpg

即効性もあるので、試してみて下さい!

スポーツ障害の痛みにはこれっ!!!

こんにちは陽ので接骨院島袋ですsun

 

休日を使ってたまには読書をしようと思い図書館に3時間ほどこもってましたhappy01

図書館の近くは医学部の大学もあり、学生が猛勉強している姿を見て懐かしい気持ちともっと頑張らないと!

と初心に戻る気持ちになりました(^^♪

 

でも久々の椅子に座っての読書はなかなか体がきつくて肩はゴチゴチ、腰はズドーッンという感じで辛かったです。

当院に来ている患者様のなかにも8時間デスクワークで常にパソコンとにらめっこ状態…

自分でも3時間試しましたが辛過ぎです(-_-;)

 

肩や首の症状の方、長く痛みに悩まされている方こそに少しでも楽になって欲しいと当院が新メニューを入れました。

ファンクショナルカッピング

カッピングなのですが、最新のカッピングで

カッピングしながら動かせる、可動域が上がる、肩が上がる、首が楽に回せる。など、たくさんの方に満足して頂いています。

スポーツでは、シンスプリント、オスグッド病、かかとの痛み、肘の痛みになどに有効です。

IMG_7789.PNG

 

jkkhjfj.JPGのサムネール画像

画像は痛々しいですが、赤くなっているところは筋膜の癒着が剥がれた証拠です。

赤くならなくても十分効果が出ます。

 

僕も頭痛持ちなので欠かせないですね(笑)

高校野球 内くるぶしの痛み

 

 

こんにちはsun

昨日は院長先生、スタッフ3人で勉強会に参加して来ました。

ファンクショナルカッピングと言う技術の勉強会で

講師の先生はアメリカでカイロプラクティックのDr.

鍼灸師として活躍されており、アスリートに特化した治療を行っており

トレーナーとしての考え方や、カッピングの技術を教えて頂きました。

カッピングの講義ではなぜ筋膜が癒着するのか癒着の原因を聞き始めての感覚や考えを知り当院でも学生やアスリートの方が多いのでまた違った視点で治療出来そうです(^o^)

修了書(^o^)

IMG_7788.JPG

先週高校球児の学生が、足が痛いと来院して来ました。

それも痛い所が内くるぶしの少し上あたりで

IMG_7802.JPG

疲労骨折sweat01と疑いましたがそうでは無いようでした。

最近の練習メニューを聞くと練習試合が多く、走り込みが少ないので起きて早朝から体が硬いまま坂道ダッシュを10本やってるそうです

もともと体が硬く、温まって無い状態で動かすと必ず筋肉に負担が来ます。

放置していると、、、、、、

筋肉に負担が蓄積→筋肉が硬くなり→骨に負担《骨折》の可能性があります。

 

処置はなかなか奥深い所にある筋肉なので鍼で治療いたしましたsign01

 

今回の勉強会で学生に対する治療の仕方、考え方が変わりこれからが楽しみですgood

大人だけではない!!子供の足の変形トラブル・・・

こんにちはsun

陽ので接骨院

島袋ですbaseball

 

ある雑誌を見て

子供でもやっぱりあるのかぁー(ーー;)

って思ったのでここでもお話させていただきます

 

偏平足や足指の変形といった、足のトラブルを抱えた子どもが近年増えているようです。足のトラブルは、悪い姿勢骨格のゆがみにつながるため注意が必要です


 

 


 

足指には本来、開いたり閉じたり上下させたりして微妙に動き、全身のバランスを取る機能があります。ところが、現在の子どもたちはほとんど足の指を使っていません。調査によると足の指を全部開くことができたのは全体の1割ほど。土踏まずが形成されている子どもほど、指を開ける確率が高く、偏平足の子どもの9割近くが、まったく指を開けないことがわかりました。


 

土踏まずは本来、5~6歳で80~90%の子どもに形成されます。土踏まずが形成されると、かかと、拇(ぼ)指球部(親指のつけねのふくらみ)、小指球部(小指のつけねのふくらみ)の3点で床を押して、バランスよく立てるようになります。ところが、最近は土踏まずの形成率が下がり、外遊びが少なくなり、足の筋肉の発達不足による偏平足の子どもが増えているのです。


 

土踏まずに関わる筋肉は、足の指につながっています。足の指をよく使うと、これらの筋肉を引き締め、理想的なアーチを作ってくれます。


a脚.jpg

PhotoGrid_1434060775321.jpg

足のトラブルは、疲れやすさや、姿勢や骨格のゆがみにまで影響してくることが、近年の研究でわかってきているようです

子どものすこやかな成長を促すためには、正しい靴、当院で進めている3点インソール、外に出て思い切り遊ぶこと、歩いたり走ったりすることが必要です。

バランスがとれるインソール!?三点インソールとは

こんにちは!

渡辺です!

 

体の不調や肩・腰などのコリ、痛みなど

なぜ起こるか考えたことはありますか?

 

まず浮かぶのは

「骨盤や体の歪み」ではないでしょうか?

 

それでは

「骨盤や体の歪み」の原因はどんなものがあるのでしょうか?

 

日常生活での癖、正しくない使い方など様々な原因があると思います!

 

その中でも

今回は足が原因である重心の崩れについて書きます!

 

人間は365日、重力というストレスを受け続けています!

 

その重力に対抗して体を動かしています!

 

重力によって最も負担がかかるのが足です!

 

人の土台となる足(足底)がしっかりしていないと

その上に乗っている柱となる骨などバランスを崩してしまいます!

 

足底でどのように体重を支えているのでしょうか?

 

足底では

親指のつけね(母指球)

小指のつけね(小指球)

かかと

の三点で土台を作っています!

 

この三点が上手く機能していると

バランスを取れたり、地面からの衝撃を吸収してくれたりします!

 

どれか一つでも崩れてしまうと

その上のもの達も崩れてしまいます!

 

そこで

その三点を崩さないために

三点インソールというものがあります!

 

インソール.jpg

これを靴の中敷きにすることで

土台となる三点を崩さないように補助してくれます!

 

治療だけでなく自己管理という面で

三点インソールを使ってみるのも

体のためにいいでしょう

1
PAGE TOP