ホーム > 陽ので日記 > ランナー・痛み

ランナー・痛み

母校で勉強会(^o^)ランニングによる足の痛み

先日母校の日本健康医療専門学校での

整形外科医師による勉強会に参加してきましたscissors

IMG_7852.JPG

卒業以来、約5年ぶりの学校だった為

なんだか緊張し懐かしい気持ちでした。

 

机に座ると国家試験に向けて夜遅くまで猛勉強した記憶が蘇ってきましたsign03

整形外科の先生は、僕も在校時に教えて頂いた先生でもあり経験豊富でよりわかりやすく丁寧に教えて頂き

今回はランニング障害について講義して頂きましたrun

 

当院でもランニングされている患者様が多いので

新しいランニング知識や底敷き《インソール》の勉強が出来ました。

特にシンスプリントの講義ではなるべくしてなる。

走り方、靴のクッション性の悪さ、コンディション、走る路面など細かく聞けたので良い情報、良い治療が学生や痛みで悩まれてる方に提供出来ますねlovely

 

今週も地域貢献頑張りまーす

足を捻った時の対処法は??

こんにちは、塩野ですbaseball

 

先週の日曜日は

大学生の頃の友達と浅草でブラブラ

お散歩して来ました^ ^

 

昼の12時に集合したのに

帰りは終電でした( ̄▽ ̄;)

 

すごく楽しかったけど

やっぱり一日中歩いてるとふくらはぎに疲労が溜まりますね。。。

 

疲労のせいか

いつもの駅から家までの帰り道で、

今まで一度もつまずいた事のない段差で

つまずき、足を捻ってしまいました(´;ω;`)

 

すごく痛く、多少腫れていて

最初は歩くのも足を引きずってしまう程でした。

 

家に着いてからすぐにアイシングをしました。

塩野 ブログ.JPG

※アイシングは保冷剤などでしてしまうと、低温火傷の恐れがあるので

 このように氷水でして下さい。

 

次の日の朝、起きた時には

捻った事も忘れるぐらい痛みも無く

腫れも引き、お仕事にも全然支障がなく過ごせました(*^ω^*)

 

初期治療が本当に大事なんだという事を

身に染みて体感しました!

 

皆さんは、怪我をしてもほっとけばいつか治ると思っていませんか?

 

ほっとく事により、悪化をさせてしまったり

長引かせてしまう事も多々あります!

怪我をされたらまず早期の治療を心掛けてみて下さい^ - ^

 

高校野球 内くるぶしの痛み

 

 

こんにちはsun

昨日は院長先生、スタッフ3人で勉強会に参加して来ました。

ファンクショナルカッピングと言う技術の勉強会で

講師の先生はアメリカでカイロプラクティックのDr.

鍼灸師として活躍されており、アスリートに特化した治療を行っており

トレーナーとしての考え方や、カッピングの技術を教えて頂きました。

カッピングの講義ではなぜ筋膜が癒着するのか癒着の原因を聞き始めての感覚や考えを知り当院でも学生やアスリートの方が多いのでまた違った視点で治療出来そうです(^o^)

修了書(^o^)

IMG_7788.JPG

先週高校球児の学生が、足が痛いと来院して来ました。

それも痛い所が内くるぶしの少し上あたりで

IMG_7802.JPG

疲労骨折sweat01と疑いましたがそうでは無いようでした。

最近の練習メニューを聞くと練習試合が多く、走り込みが少ないので起きて早朝から体が硬いまま坂道ダッシュを10本やってるそうです

もともと体が硬く、温まって無い状態で動かすと必ず筋肉に負担が来ます。

放置していると、、、、、、

筋肉に負担が蓄積→筋肉が硬くなり→骨に負担《骨折》の可能性があります。

 

処置はなかなか奥深い所にある筋肉なので鍼で治療いたしましたsign01

 

今回の勉強会で学生に対する治療の仕方、考え方が変わりこれからが楽しみですgood

ランナーの治らない足の痛み攻略

 

こんにちは

今回ブログを担当します樋山ですhappy01

 

今回はこれからの時期増えてくる

ランナーの方のケガ痛み

に関して書かせて頂きます

 

実際僕も走っていると、膝が痛くなった経験がありますcoldsweats02

 

当院にも去年走っていてケガをした人が

たくさんみられました

特に多かったのが

 

・ランナー膝

・足底健膜炎

・原因不明な膝の痛み

 

このような症状です

 

たくさんの患者さんをみさせてもらってわかったのが

同じような症状でも、100人いれば100人違っている

ということです

どういう事かと言うと

ある患者さんは、足底腱膜炎と整形外科で、診断を受け来院され

その患者さんは足の歪みを取ると痛みは消えました。

もう一人の患者さんも整形外科で、足底筋膜炎の診断を受け来院され

その患者さんは足の歪みを取るだけでは治らず

走るフォームなどを改善すると痛みは消えました。

 

同じ診断を受けても

ランニングフォームの癖、普段の生活

これからのことから治っていく過程が変わってきます

 

インターネットに載っていることを試すこともいいでしょう

ただ、それで治らないと悩んではいけません

 

当院にも最後の頼みと、来院される方もいます

 

そこで諦めず、一度ご相談ください

 

樋山がお伝えしましたhappy02

バランスがとれるインソール!?三点インソールとは

こんにちは!

渡辺です!

 

体の不調や肩・腰などのコリ、痛みなど

なぜ起こるか考えたことはありますか?

 

まず浮かぶのは

「骨盤や体の歪み」ではないでしょうか?

 

それでは

「骨盤や体の歪み」の原因はどんなものがあるのでしょうか?

 

日常生活での癖、正しくない使い方など様々な原因があると思います!

 

その中でも

今回は足が原因である重心の崩れについて書きます!

 

人間は365日、重力というストレスを受け続けています!

 

その重力に対抗して体を動かしています!

 

重力によって最も負担がかかるのが足です!

 

人の土台となる足(足底)がしっかりしていないと

その上に乗っている柱となる骨などバランスを崩してしまいます!

 

足底でどのように体重を支えているのでしょうか?

 

足底では

親指のつけね(母指球)

小指のつけね(小指球)

かかと

の三点で土台を作っています!

 

この三点が上手く機能していると

バランスを取れたり、地面からの衝撃を吸収してくれたりします!

 

どれか一つでも崩れてしまうと

その上のもの達も崩れてしまいます!

 

そこで

その三点を崩さないために

三点インソールというものがあります!

 

インソール.jpg

これを靴の中敷きにすることで

土台となる三点を崩さないように補助してくれます!

 

治療だけでなく自己管理という面で

三点インソールを使ってみるのも

体のためにいいでしょう

足の裏の痛みがある人と腰の痛みがある人の共通点とは!?

こんにちはsun

陽ので接骨院島袋ですbaseball

 

私、腰が痛いんです

 

足の裏も痛いのですが、

 

腰と足の裏って関係あるのですか??


普段から結構質問される事です

 

足底筋膜炎など、

足の裏に痛みを感じる人に多いのが

 

「腰痛」 持ちであることです。




 

足の裏と腰は

 

一見関係がないように思いますが、


 

実は密接な関連性があります。




 

足はご存知の通り


 

全体重を支えて立ったり歩いたり


 

走ったりしているわけですが、


 

その荷重はすごく大切で重要なものです。




 

体全体を支えるためには


 

骨格のバランスがとても大切ですが、



 

姿勢が悪く背骨が曲がっている人の


 

多くは、腰の位置が


 

後ろよりになっているのです。




 

すると身体の中心である腰や骨盤の


 

重心も後ろのほうになり、


 

筋肉に負担がかかります。

太ももやふくらはぎの筋肉など、

腰から足の後ろ側につながっている

 

すべての筋肉に緊張が走り、

 

 

結果として足の裏に炎症を起して

 

痛みを発してしまうというわけです




 

ですから、足底筋膜炎などの


 

足の裏が痛い人は、

 

腰にも注意して下さい。




 

腰痛がある人もない人も、


 

腰に負担がかからないように



 

普段から姿勢を良くしたり、

 

腰のストレッチを行なうと良いと思います

当院はハイボルテージや立体動態波、超音波など

独自で考えた治療法もやってますので

 

足裏痛い方ご相談ください(^O^)

 

1
PAGE TOP