ホーム > 陽ので日記 > スポーツでの痛み

スポーツでの痛み

自粛明けの腰の痛み、首こり肩こり攻略

こんにちは!!

陽ので接骨院ですshine

 

コロナ自粛明けの準備は出来ていますでしょうか?

 

社会復帰したら元の体に戻れると思っていませんか?

 

結論から言うと・・・悪化してしまいますsweat01

 

コロナ自粛により体は固まり筋肉量は落ち体力は落ち姿勢は悪くなり・・・

 

そんなお体で社会復帰してしまうと、腰の痛みや首のこり肩こりが出ること間違い無しです。

 

未然で防げる症状は未然に防ぎましょう!!

 

陽ので接骨院では社会復帰の為の特別メニューを今行っています。

 

・フットマッサージ

・頭痛マッサージ

・深部筋マッサージ

 

コロナ自粛明け (2).jpg

 

 

 

 

 

どれも今とても好評です!!

 

ご予約お待ちしております。

緊急事態宣言後も、通常通り営業している接骨院 陽ので接骨院

sun陽ので接骨院東中野本院からお知らせですsun
 
 
緊急事態宣言を受け、多くの皆様が不敏ではあるなかで
耐える毎日をお過ごしと思います。
 
陽ので接骨院は安全性、感染症対策を徹底して行い診療を行っています。
 
自粛せず行う決断をしたのは、対象外であることは前提にありますが、
 
 
 
自粛要請.jpg
 
 
お身体に携わる仕事であり
 
いまだからこそ私たちに出来ることするため
・コロナ疲れのストレス解消 ・免疫力アップのお手伝い
などおこなっていきます。
 
患者様により安心安全に通院頂くためにも
コロナ対策をお伝えさせて頂きます。
 
 
免疫.jpg
 
 
sun院内、患者様
 
・マスクの着用 患者様/スタッフ
 
・手指の消毒の徹底
 
・検温の実施
※37.0℃以上の患者様はお断りしております
 
・1時間に一度の換気
 
・ベットメイク時の消毒の徹底
 
・チェックシートの実施
 
・患者様が集中して密接にならないように予約調整
 
 
マスク 換気.jpg
 
 
sun施術スタッフ
 
・朝、昼、夜検温を実施
※37.0℃以上ある場合には2週間の休業義務
※体調不良を隠し出社した場合、厳罰処分
 
・一施術毎に手洗いうがい、手の消毒を徹底
 
・電車通勤スタッフは自転車で通勤義務
 
・日曜日、水曜日の午後は外出の禁止
 
 
 
 
陽ので接骨院は安心
と言って頂けるようにより一層尽力してまいります
 
いま免疫が注目されています
治療によって
血行促進➡代謝アップ、体温アップ➡細胞サイクル活性化➡免疫アップ
感染予防、最後の砦は【自己免疫】と言われています
治療が一つの選択肢としてあることを知って頂ければ幸いです
 
 
UPメニュー.jpg
 
 
 
健康とは
健康な状態を言います。
 
先が見えないことでストレスがかかり
体も心も不健康な方が急増しています。
 
二次被害.jpg
 
 
急性、慢性、予防、健康促進に合わせた施術を行っています。
健康応援団としてあなたの健康を照らしていきます。
 
一緒にこの緊急事態を乗り越えましょう。
 
 

肩甲骨の痛み どこに行っていい?

今回ブログを書かせて頂く

院長の樋山修平ですsun

 

今回院の中でも症状の多い肩甲骨について書かせていただきます。

患者さんの質問で多いのが

家族や友達が肩甲骨の痛みで悩んでいるのですがどこに行っていいのか分かりません。

このような質問がとても多いです。

 

このような質問を受けた際私達は

まず陽ので接骨院に来てください!

とお伝えしています。

 

おっと?営業か?

と思われる方も多いと思いますが

まず肩回りで何が起きているかを判断する必要があります。

陽ので接骨院にはその判断力があり、それを解決する技術力があります。

 

もし、判断し筋骨格系でなければ提携している整形外科にご紹介させていただいています。

なので多くの患者さんが安心安全に陽ので接骨院に通うことが出来ています。

 

今月から肩甲骨に特化した肩甲骨剥がしを行っています。

 

受けた多くの患者さんが口をそろえて

・肩の硬さが溶けた感じがする。

・動きの違いが実感できる。

・とても首・肩が楽になった。

と多くの声をいただいています。

肩甲骨剥がし.jpg

3月は体験1,000円で出来ますので

肩甲骨

の症状でお悩みの方がいましたら

ぜひ陽ので接骨院にお任せくださいsun

 

院長樋山がお伝えしました。

足の裏が痛いのは...?

こんにちは!アキバです!smilescissors

 

 

どんどん寒くなってきましたね!cloud

皆さんインフルエンザの予防接種は済みましたか?

 

 

今日は足底筋膜炎footについてお話しようと思います!

これは私も実際になった事があります!

 

 

足底筋膜炎とは

足の裏にある筋膜が炎症を起こしてしまうことです。

まず足底筋膜footとは何なのかと言うと

踵の骨から足の付け根まで貼っている腱のことを言います。

なので痛みは踵の骨辺りや

土踏まず辺りが痛くなることが多いです。

 

 

原因としては

 

ランニング、歩行のし過ぎshoeで腱が緊張してしまうこと

扁平足で足のアーチが低くなってしまい腱が引っ張られてしまうこと

 

ということが多いです。

 

 

なのでスポーツをやられている方に多く見られます。soccerbaseball

 

 

そんな症状で悩んでいる方は居ないでしょうか?

 

 

陽ので接骨院では足底筋膜炎の治療もしっかり出来ます!

また足のアーチを補助するインソールも販売しております!

 

何か気になった事があった方、是非陽ので接骨院にお越し下さい!

 

 

 

年末は29日まで営業してます。

お早めのご予約をお願い致します。

 

 

 

以上アキバでした!paper

かゆ.jpg

 

スポーツでの膝の痛みはもしかして、、、

 

こんにちは!!

食欲大生の秋葉です!riceballshine

 

 

最近、スポーツをしている学生で膝が痛いという子が多いです

その中でも特に膝を曲げる時に痛いという子が多いんです!

 

 

みなさんの周りに似たような症状の子はいませんか?

 

 

それはdangerオスグッドかもしれません!

今回はオスグッドについて書いていきます!

 

 

まず、オスグッドとは正式名称で

オスグッド・シュラッター病といいます。

 

 

スポーツをやっている子どもがなりやすく

症状としては

膝のお皿の下にある脛骨粗面という所に限局した痛みが主な症状です。

特にジャンプ動作での膝屈伸時

ダッシュやキック動作で起こりやすく

脛骨(すねの骨)が

前側にボコッと隆起する特徴もよく見られます。

 

 

オスグッドは骨の成長と筋、腱の伸長が追いつかないことから起きます。

 

 

思春期のこの時期、脛骨はまだ骨でなく柔らかい軟骨で、

膝を伸ばす力の繰り返しにより、

太ももの前の筋肉と靭帯が、脛骨粗面を引っ張り続けることで

骨が剥がれてしまいます!

 

その剥がれてしまったところが脛骨粗面の隆起となってしまいます。

 

 

 

陽ので接骨院はオスグッドの治療が得意です!!punch

 

自分の身の回りで

膝が痛くてスポーツを思いっきり出来なくて困っている子がいたら

是非一度陽ので接骨院にお越しください!happy01good

 

 

スポーツを頑張る学生も全力でサポートします!soccertennis

 

 

 

以上秋葉でした!

 

すねの痛みもしかしてシンスプリント???

あけましておめでとうごいます。

白井です!

最近脛の痛みを訴え来院される方が増えてきました。

それはもしかして、シンスプリント?

シンスプリントについて説明しますね。

 

新しい環境で競技を始めると、運動する環境が変わることで起きるスポーツ障害があります。 シンスプリントと呼ばれるもののほとんどは、脛骨過労性骨膜炎を指し、下腿内側に位置する脛骨の下方1/3に痛みが発生することを特徴とします。

 

痛みは脛骨に沿ってうずくような鈍痛で始まります。ある一点に集中する痛み(この場合は疲労骨折の可能性も)とは違い、 筋肉が骨に付着するラインに沿って起こります。

 

 



多くの場合、不快感は運動開始時に現れ、そのあと消えて運動が終了するとまた戻ってきたりします。 症状が進むにつれ、不快感は段々ひどくなり、運動している最中はずっと持続するようになります。 そして最終的には、ベッドから起きる時や日常生活の他の動作の最中にも痛みが伴うようになってしまいます。

 

 

 

この障害はランナーに多くみられますが、どんなスポーツでも、シーズンの始めや新学期に新入部員がハードなトレーニングを集中的に行った場合に頻発します。硬い地面の上を繰り返しランニングする、足部を背屈させる(つま先を上げる)筋肉を過剰に使いすぎる、などが原因となります。

 

 



春先にかけてのシーズン前のコンディショニングは、屋内の硬い地面(コンクリートなど)の上で行われたりもします。シーズン入りする前に十分なトレーニングをしていない選手は筋力が弱く、こうした環境も手伝って、障害の発生に拍車をかけてしまうのです。
アスリートはシンスプリントを我慢すべきではありません。

 

なぜシンスプリントになるんだろう?

 

 

人間の足は骨の組み合わせとそれを補強する筋肉で上からのし掛かる体重に耐えています。 通常は筋肉と骨の組み合わせが共同して上からの力に耐えていますが、何らかの理由でどちらかが役目を果たせなくなると、 もう一方がそれを補わなければならなくなります。

 

 

足部にはアーチ(土踏まず)と呼ばれるものがあり、 これが機能すれば衝撃を吸収してくれますが、 このアーチが潰れてしまうと衝撃吸収がしっかりとできなくなり、 さらに骨の配列が崩れ、足底から関節、下腿部の骨や筋肉に大きな負担がかかります。

 

もし症状が出てしまったらアイシングをしっかりしてください

 

 

痛みがひどくなってししまう前に是非来院してください!

 

IMG_7396 - コピー (4).JPG

 

子供のケガ甘くみたらいかんぜお!!

今回ブログを書かせて頂く

三度の飯より飯が好き

結局ごはん大好き樋山ですriceball

 

スポーツをしている子供の痛み・ケガに関して

大きく分けて二つあることを知っていましたか?

 

・スポーツ外傷

・スポーツ障害

 

この二つは似ているようで大きく違います

 

スポーツ外傷とは

例で挙げると

・スポーツ中に蹴られてしまう

・走っていて足を捻ってしまう

・骨を折ってしまう

などのケガの事をいいます

 

それに対してスポーツ障害とは

体の使い方の悪さによって、身体に負担がかかってしまい

痛みが出てしまう症状をいいます。

例をあげると

オスグット

シンスプリント

疲労骨折

野球肩、肘

などです

 

スポーツ外傷もスポーツ障害も治療をしていくと良くなっていきます。

ただ厄介なのは

スポーツ障害は痛みを取るだけでは反復して痛みが出てしまいます。

なぜならスポーツ障害はなってしまう原因があるからです。

 

原因の多くは身体の使い方の悪さ、間違いにあります

 

なのでその痛みを筋肉痛と間違えてそのままにしておくと・・・

 

大きなケガや、治りにくい痛みになってしまうかもしれません!!

 

子供の痛みは甘く見たらいかんぜお ってことですね!!

 

当院では身体の使い方や、痛みの原因をしっかり検査させて頂いて施術をしていきますので

安心して任せてください。

 

以上樋山がお伝え致しました

 

1
PAGE TOP