ホーム > 治療症例集 > > ギックリ腰は不運な事故ではない!?そう必然・・・
治療症例集

ギックリ腰は不運な事故ではない!?そう必然・・・

 

40代主婦の方を症例として書かせていただきます

 

症状

仕事中に前傾姿勢になり、腰にギクッと痛みが走り負傷

前屈はもちろん、歩行も痛みで困難となり

左足に体重を乗せると強烈な痛みが左腰に走る。

検査

痛みにより、検査が困難となっていましたが

痛みをかばっている姿勢を見ると

左の腰が横に抜けてしまっており

本人にそれを伝えると

「え?私今真っ直ぐに立ててないんですか?」

と驚きの声をあげていました。

 

この検査で見つかった原因に対して

・骨格の調整

・筋肉の調整

をしようと思いましたが

痛みで座ることも出来なかったので

いま体に負担をかけている筋肉に対して施術をしよう!

とのことになりました。

 

一回目の治療後、まだ腰は少し抜けてしまうものの

歩くことが出来るように!

二回目来ていただいた時には座る事すら困難だったのが

寝て治療することが出来ました。

結果この患者さんは4回の治療で怖さは残るものの

痛みがかなり軽減し、車の運転や仕事に支障がでないようになっています。

 

ギックリ腰を放置して治す方

ギックリ腰の痛みを減らそうと痛み止めを飲む方

 

この二つに当てはまる方は結局はしっかり治りきらず

また痛みがでたり、痛みが治りきらない可能性があります。

 

一回ギックリ腰をするとなりやすくなる

僕はこの言葉は

正しくもあり、当たり前だと思います

 

なぜならぎっくり腰は不運な事故ではありません

原因があるからこそなる症状です

一回ギックリ腰になった時点で

身体にはぎっくり腰になる原因があります

そこを解決しない限り

 

またギックリ腰になる日は近いでしょう!

PAGE TOP