ホーム > 治療症例集 > スポーツでのケガ・症状 > 膝の痛みがあるランナーの原因約80%は〇〇だった!?
治療症例集

膝の痛みがあるランナーの原因約80%は〇〇だった!?

 

20代女性の方を症例として書かせていただきます

 

症状

最近ランニングを初めて

一日一時間アスファルトを走っていました

始めてから三週間が経つと右膝の痛みが出てきました

休めば治ると思い一週間やすみまし休みましたが

また走ると、痛みが・・・

検査

足のアライメント(骨の位置関係)を見てみると

無理をして走っていたみたいで

バラバラに・・・

ちなみに正しいアライメントとは

膝の下の出っ張り➡足首➡足の親指、人差し指の間が

一直線になっていると当院では綺麗なアライメントとして見ています。

 

この検査で見つかった原因に対して

施術を・・・しようと・・・んー

アライメントを治しただけで果たして治るのか?

と疑問が沸いてきました

確かに楽にはなると思います。

でも、走りづつけたらまた痛みが出ると思いました。

 

それはランナーの膝の痛みの原因約80%が

外因

と言われているからです

 

・・・外因ってなに?

と思った人も多いかと

外因とは外からかかる痛みを出してしまう要因です

例えば、

・ランニングフォーム

・走る環境(どこを走っているか)

・シューズ

・どれぐらいの距離走っているか

・走るペース

などなどです

 

この患者さんで言うと

まず、全く運動をしていない所から

毎日一時間もアスファルトを走ると

とてつもない負担が足にかかってしまいます。

 

施術だけではしっかり治らないと思ったので

外因の部分で話を聞いてアドバイスもしました。

そうすると、痛みは消え

今では痛みなく走れています。

 

痛みがある方はまず、外因を見直しましょう

そこで改善しない場合は残り20%に当てはまる

可能性があるので、接骨院などの身体のプロに任せてください!

PAGE TOP