CONTENTS
コンテンツ

有痛性外脛骨

こんなお悩みありませんか?


・運動時に内くるぶしが痛い
・つま先立ちで痛む
・運動時に痛む(走る、跳ぶ、急に止まる動作の多いスポーツ)



当院には有痛性外脛骨で悩まれて患者様が多く来院されています。

有痛性外脛骨は足の内側に出来た余分な骨後脛骨筋という筋肉に引っ張られたり靴で圧迫されて痛みが出るものです。
多くは成長期の急激な運動の後や捻挫などで症状がでます。

 

 

有痛性外脛骨は施術をすることでスポーツに復帰出来る様になります。

時に捻挫後の有痛性外脛骨は、炎症が起きています。

このような症状は初期の炎症治療が重要となってきます。


陽ので接骨院では、原因から治していく施術を用意しております。
まずはご気軽にご相談ください。