STENOSIS

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは、背骨の内部にある神経の通り道である脊柱管が狭くなってしまう病気のことをいいます。
脊柱管は背骨や椎間板、靭帯などで囲まれたトンネルのようなつくりとなっていて、その内部に神経が通っています。

脊柱管狭窄症の原因と症状

この病気の症状と原因ですが、加齢や過度の労働などによって自然に背骨や脊椎版が変形し、脊柱管が狭くなることによって神経が圧迫され、主に下肢を中心とした痛みやしびれ、排尿障害などの症状が現れるようになります。

これらの症状は直立したり歩行をしたときに顕著になり、歩行をやめていすに腰掛けたり、前かがみの姿勢で安静になったときにやわらぐなどの特徴もみられます。
重いものを持ち上げた拍子に椎骨の間でクッションの役割を果たしている椎間板が本来の位置から飛び出して神経を圧迫する、いわゆる椎間板ヘルニアによっても引き起こされることがあります。

この病気には脊柱管の中心部分が圧迫されて症状が引き起こされる場合と、神経から分岐した神経根が圧迫されて症状が引き起こされる場合とがあります。
特に後者の場合については、下肢の痛みは全体ではなく、左右どちらかの側に症状が起きることが多くなっています。
治療は薬物療法やブロック注射、手術によって行われるほか、装具を装着して症状をやわらげることもあります。

脊柱管狭窄症のことは当院へお任せください

当院では、丁寧な治療でつらい症状を根本から改善します。

どこにいっても症状が改善できなかった方や、長い間辛い症状が続いている方にも経験豊富なスタッフが真心を込めて対応いたします。

まずは一度、お気軽にご相談ください。